3/21(土) 『真説じょんがら節 – 甦る津軽放浪藝の記憶』発売記念 津軽民謡 を聴く、見る、掘る会

”時にブルース、時にソウル、そしてジャズ”  
1920〜40年代に録音された津軽民謡のSP音源を集めた画期的アンソロジー!この洗練された野性味とも言うべき多彩で多様な唄と三味線による音楽は、まるで今の時代のブルースやアフリカ音楽をも連想させる何かがある。これを聴かずして何を聴く!?


津軽民謡というとどうしても津軽三味線のイメージが強いですが、
1920〜40年代のSP音源を集めた『真説じょんがら節』を聴けば、
今まで全く知らなかった津軽民謡の凄さ、面白さを実感出来ます。

まるでアフリカの弦楽器のようにフレーズを奏でる三味線、
これでもかとまでにコブシを巧みに駆使した唄声は聴いているとクラクラしてきます。
そしてその唄と三味線から生み出される”ノリ”は、”グルーヴ”としか言いようがありません。

アルバム未収録の音源から、貴重な写真や映像などを一挙大放出します!
これを見逃したら後悔必至のイベントです!

『真説じょんがら節 – 甦る津軽放浪藝の記憶』発売記念
津軽民謡 を聴く、見る、掘る会

日時:3月21日(土)開場:18:30 開演:19:00
入場料:1,500円+1 drink
来場者特典:ご来場時に御希望の<秘蔵SP音源CD-R>をプレゼント
*ご来場者一人につき一枚プレゼント
会場で関連商品の即売有

出演:神谷一義(華宙舎同人/オフノート代表) 高沢章雄(華宙舎同人/メタカンパニー代表) 
司会:中西レモン(初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会世話人)

一部:『真説じょんがら節』を聴く、見る
アルバムからの曲はもちろんのこと、収録しきれなかった曲や、ブックレット未掲載の写真など、より深く『真説じょんがら節』を楽しんでもらいます。

二部:”津軽民謡”を掘る
津軽民謡と深い関わりがある、瞽女唄やイタコ口(くち)ヨセなどの音源や映像を紹介しながら、津軽民謡の芳醇で濃厚な世界に迫ります。

●詳細は、株式会社メタ カンパニー 
http://www.metacompany.jp/tsugaruminyo.html
特設ページにて

●ご予約・お問合せ:Li-Po 03-6661-2200(月〜土 18:00〜24:00) 
または予約専用フォーム http://li-po.jp/?page_id=5385 にて受付。

0 comments on “3/21(土) 『真説じょんがら節 – 甦る津軽放浪藝の記憶』発売記念 津軽民謡 を聴く、見る、掘る会Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です